読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ピアノ教室まとめ

全国のピアノ教室情報をまとめるブログです

ピアノ教室の選び方まとめ

何が目的なのか、要望をきちんと伝えることが大事

全くの初心者は、心の中で「この曲が弾けるようになりたい」と思っても、それがクラシックのコンサートで披露されるような曲であればなかなか言い出せないものです。なぜなら自分がどのレベルまで弾けるようになるのかが全く想像できないからです。 「パソコンだって、いまだに人差し指と中指しか使えない」という人ならなおさらです。   だからといって弾きたい曲を心の中にしまったままにすれば、きっと後悔します。要望を伝える際は、恥ずかしがらず、自分の目標をしっかり伝えることが最も大切です。それがないことには、教える側は的確にアドバイスできませんからね。

参照元URL

https://cyta.jp/piano/c/category/131

やっぱりやってみなければわからない!体験レッスンを利用しましょう

最近では、個人の教室でも体験レッスンをしてくれるところが増えています。初対面で、短時間のレッスンなので限界はありますが、アドバイスされた内容がわかりやすいか、話し方に好感がもてるかなど、直感的に「合う」「合わない」はわかるものです。 教室のルールについて詳しく説明を聞いたり、ピアノを習う目的や目標、弾きたい曲、レッスンについての希望などを伝える良い機会でもあるので、積極的に利用しましょう。

参照元URL

http://allabout.co.jp/gm/gc/431725/

ピアノ教室選びの際に確認したいポイントは?

料金(月謝)や入会金・教材費などのお金のこと レッスンの内容,使用する教材,レッスン時間 等のレッスンの中身 通いやすい場所かどうか レッスンに使うピアノの種類(グランド・アップライト)や、他にどんな楽器があるかなどの環境面 発表会の有無と頻度、どんな規模なのか

参照元URL

http://okeiko55.net/piano/765

集団?個人?ピアノ教室のタイプ別メリット・デメリット

グループレッスンのメリット 楽譜を読むことができない小さなうちから習わせることができる 音感、リズム感が育つ 合奏を楽しめる

個人レッスンのメリット 本物のピアノを聴いたり弾くことで、ピアノのタッチが身に付く 自分のペースで練習をすすめることができる 生徒の要望に合わせた教材や曲を教えてくれる(★) 生徒の要望に合わせて、レッスン日や時間を増減してくれる(★) レッスン日の振り替えをしてくれる(★) 出張指導してくれる(★)

参照元URL

http://iku-share.jp/education/kodomo-piano-school/

先生のレベルは?

ピアノの先生には、有名音楽大学を卒業している先生やしっかりとした指導教育を受けている先生、趣味でピアノを教えている先生など、そのレベルの違いがとても大きいために、先生で選ぶという方も少なくはないでしょう。 実は、ピアノ教室を開くために特にこれといった資格が必要なわけではないのです。 つまり、簡単に言うと「弾ければ、教えることができれば」教室を開くことはできるのです。 大手有名メーカーが運営する教室は一定基準を満たした先生が採用されていますが、個人経営の教室ではその点を明確に把握することができません。直接体験を希望して先生に問い合わせるか、習っている子供の親に聞くかという方法でしか、知り得ることができないのです。 先生によって生徒のレベルに差が出るのは当然のことですが、教えるのが上手か否かは、卒業大学等に関係はありません。力のある先生が趣味で小さな教室を運営されている場合もありますので、先生についての下調べはするに越したことはないでしょう

参照元URL

http://kosodategaido.com/archives/540

最終的には何を目的とするか?

あなたがピアノ教室(講師)に望むことを1つだけいいなさいといわれたら、それは何ですか?欲張らずに、1つだけ答えてください。 とにかく厳しくてもいいからピアノのテクニック向上ですか?それとも、コンクールでの入賞?そうではなく、ピアノを楽しみながら学ばせてくれることですか?または、子供に、習い事の中で継続的に学ぶ態度を身につけさせてくれること? 良いピアノ教室(講師)かどうかの判断は、受講者やその親がもっとも望んでいる目的を果たしてくれるかどうかで、なされることが多いのです。ですから、もしあなたの目的があいまいなままピアノ教室(講師)を選んでしまった場合、もともと、あなた自身の評価の基準があいまいですから、でてくる評価がおもいつきで気分しだいの不平不満になりがちです。それは、ピアノ教室(講師)にとっても、とても迷惑な話になってしまいます。 もしあなたが、ピアノを自由自在に操るテクニックを、ほんとうに身につけたいとおもうのなら・・・ 楽しみながらピアノを弾くことを目的にしているピアノ教室(講師)へ行くことは、目的にかなっているとはいえないかもしれません。ふつう、しっかりしたピアノのテクニックを身につけるためには、厳しいトレーニングとそれを継続する忍耐が必要です。ですから、どうしても緊張度が高いレッスンにならざるを得ないのです。 もちろん中には、あなたの望みをすべて満たしてくれるピアノ教室(講師)が、あるかもしれません。しかし、現実はそうならないことのほうが、多いのです。そしてそれは、ピアノのレッスンを途中で挫折してしまう大きな原因の1つにもなっています。 つまり、受講者の第一番の目的が明確ではないため、ピアノ教室(講師)との間にミスマッチが起こるのです。 こういった余計なストレスをかかえないためにも、あなた自身、まずピアノを習う目的をしっかりみすえておく必要があります。そして、そのいちばん大切な目的をかなえてくれそうなピアノ教室(講師)かどうかを、判断基準の1つにしてください。

参照元URL

http://www.piano-k.net/mame_03_yoikyositu.html

まとめ

月謝やアクセスのしやすさは基本となりますが、やはり最終的にはどういう目的で通うのかというのが重要になりそうですね。
教室選びの際は、自分の中の目的に優先順位をつけてからインターネットなどで教室検索すると良さそうです。
そこで目的に合致する教室で無料体験レッスンなどがあれば、受けてみましょう。
なるべく不明点を解消すれば、レッスンを受ける側もレッスンをする側も不幸にならないと思います。